不眠の根本的な原因

  • 2009/04/30(木) 20:38:55

子供のころは眠れないなんてこと、
なかったような気がする。
やっぱり、大人になると、
色々なことで、心も体も、
お疲れなんだよね。
体の内部に不眠の元の原因があるかもしれない。
喘息や体のかゆみなどがあるなら不眠の原因から対策を考えることもできますね。
そういう場合不眠の内部的な治療も可能になるから、改善も早いかも。
原因がはっきりしないって人は不眠のアロマの商品を使ってみるのも効果的かも。
暖かいお茶などに不眠の人の漢方の商品があるから、それも飲んでみるといいかもね。
不眠に使用される薬はたくさんあるから、自分にあったものを見つけていくことも大事です。

トライアル

  • 2009/04/22(水) 20:46:31

ミネラルファンデーションって、使ったことがないんだけど
ちょっといい感じ。。。

と思って、トライアルを買ってみました。
ミネラルファンデーションを比較する
のが一番だと思ったんだけど、
いろいろ使って、肌トラブルが心配だったので、
一応トライアルとしては一番安い
オンリーミネラルを買ってみました。

まずはじめに驚いたのが、
これで、ベースメイクからパウダーまでの機能が
あるのか???

ということです。

でも使ってみると結構しっとりとした感じに
なるので、こりゃ大丈夫だ!!
という感じでした。

更年期障害の治療法

  • 2009/04/11(土) 22:53:16

起きる気がしない・・・
体に力がない・・・
頭も痛いし、気持ちも悪い・・・
検査をしてもなんでもない・・・
でも、更年期障害だった・・!
案外更年期による障害は原因がつかめないのです。
特に怖いのは更年期障害とうつ病が一緒に発生してしまった場合。
女性ホルモンのバランスが更年期障害の大きな原因となっているのはわかっているようです。
ですから更年期障害の病院での治療法はホルモン薬などを投与します。
西洋薬はいやという方には更年期障害に効果的な漢方も利用されています。
最近よく耳にする若年性更年期障害とは20歳〜30歳代で更年期の症状がでてしまうといいます。
男性の更年期障害の年齢は40歳〜60歳代ということです。

診断してもらうのが一番

  • 2009/04/07(火) 23:43:22

めまいとかふらつきがあると、
倒れてしまったりするので、
特にご高齢の方は、注意が必要になると
思います。
めまいで倒れた人が、
怪我をするということも
ありますからね。
自分のたまにくるめまいの原因が、鉄分欠乏による貧血など、理由がわかっていればいいのですが、
いつもとは違ったふらつきなどがあったら、
三半規管の異常も考えられますから、診断してもらうのが一番です。
風邪などでも強い吐き気が出る場合もありますが、めまいや
感じたことのない動悸などほかに症状がある場合、病院に行きましょう。
ただの貧血ならお薬で治りますが、自己判断はよくないですよ。
起立性で起こる低血圧なら、少し安静にしていれば、治ってしまいます。

お疲れなんだよね

  • 2009/04/06(月) 23:09:33

眠れないと思っては、
羊さんを数える日々。
眠れないと思うと、余計に
眠れなくなっていく・・・・
悪循環です。
自分の不眠になる原因ってなんだろうと思っても思い当たらないとこともあります。
だから不眠にならない対策を考えてみても、思いつかないのですよね。
実際に不眠なので治療にいっているという方でも、原因は不明・・・という場合が多いみたい。
おいしいものでも食べて不眠に効果的なアロマで癒されてみる?
それでもダメって時は不眠にやさしい漢方のお茶でも飲んでみようかな・・
なんとなく不眠の治療の薬は飲まなきゃ眠れない・・・ってなりそうで、嫌なんだよね。